100周年記念事業の取り組み

100周年記念事業について

1. 正門整備(100周年記念碑を含む)

地域を代表する歴史ある伝統校にふさわしい、新たな正門を整備します。

2. 体育館緞帳、付属品、音響設備の改修

現在の緞帳は60周年の際に同窓会が贈呈したものですが、それを40年ぶりに刷新し、100年の伝統校にふさわしい緞帳を新たに贈ります。
併せて音響設備等も新調し、体育館の環境整備をします。

3. テニス、バレーボール、ハンドボールのコート整備

コート整備を通じて、文武両道に励む在校生を応援します。

4. 横須賀高等学校100周年記念誌の発行

本校の歩みを記録して歴史と伝統を継承し、未来へつなぐための100周年記念誌『わが校の歩み』を刊行します。

5. 記念行事(記念式典等)

日時
令和5年11月4日(土)
場所
横須賀高等学校体育館

本校では創立90周年を契機として毎年「ホームカミングデー 母校に帰る日」を実施し、各界で活躍する同窓生(先輩)から、在校生(後輩)にエールを送っていただいております。
創立100周年の記念行事でも、先輩・後輩の絆を大切にした企画(生徒対象)を記念行事として検討・計画しています。

上記1~3の100周年記念事業計画については、優先順位を付けて順に整備していきます。
寄付金の状況によっては、優先順位が下位の事業は実施できないこともあることをご了承ください。

寄付金について

創立100周年記念事業実行委員会では、創立100周年の記念事業を通じ、母校、愛知県立横須賀高等学校が一層発展し、次の100年に向けて輝かしい1歩を踏み出すことができるよう支援したいと考えております。

出費多端の折、誠に恐縮ではございますが、記念事業を成功させ、母校の発展を期するため、何卒、ご賛同いただき、募金にご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

皆様の温かいご支援を心よりお待ちしております。

現在の寄付金額

4,090,000 / 目標金額 35,000,000円

11.685714285714%

寄付金について詳細を見る

寄付金についてのお問い合わせ

100周年記念ロゴマークに込めた想い

校章のデザインをモチーフとし、中心に描かれた100の00は∞(無限)のイメージを使い、これからも横須賀高校が永続的に続いていく想いを表現しました。
また、スクールカラーである「えんじ色」を採用し、100周年という特別感を出すために、その他の箇所は金をイメージしたカラーでまとめました。
デザインの原案者は、募集当時3年生に在籍していた本校卒業生の伊藤朱李さんです。

【キャッチフレーズ】「横高の未来へつなぐ第100歩」に込めた想い

未来の横須賀高校へこれまでの100年をつないでいくという想いと、100年の歴史を歩数として表現し、これからも知多を代表する伝統校としての足跡を残していって欲しいという想いを込めて、「横高の未来へつなぐ第100歩」としました。
キャッチフレーズの原案者は、募集当時1年生であった本校在校生の佐藤葉月さんです。

100周年記念事業について

100周年記念事業・寄付金についての
お問い合わせ