100周年のごあいさつ

同窓会会長から皆様へ

愛知県立横須賀高等学校同窓会の皆様には、ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。平素は同窓会及び母校の発展の為にご尽力を賜り厚くお礼申し上げます。
母校、横須賀高校は、1923(大正12)年に横須賀尋常小学校(現東海市立横須賀小学校)の校地に設立された愛知県横須賀高等女学校を嚆矢とし、1940(昭和15)年の県営移管を経て、1948(昭和23)年の学制改革によって男女共学の愛知県立横須賀高等学校となりました。1950(昭和25)年には定時制課程も併設され、1953(昭和28)年には現在の校地(高横須賀町広脇1)に建てられた新校舎に移転しました。愛知県立横須賀高等学校は当初は普通科、商業科、家政科がありましたが、昭和40年代に家政科、商業科が募集停止となり、1973(昭和48)年からは普通科単独校となり現在に至ります。この間、知多の英俊が集い、「質実剛健 親切奉仕 勤勉努力」の校訓のもとで切磋琢磨し、社会に出るための基礎をしっかりと身につけ巣立っていかれました。卒業後も各界で活躍され、「横高」の名を広く国内外に知らしめておられます。卒業生(同窓生)の総数は実に約2万7千名にのぼります。
私どもはこの100年という輝かしい歴史と先輩各位の業績を仰ぎ、母校のさらなる発展を祈念して、学校・PTAと連携して愛知県立横須賀高等学校創立100周年記念事業実行委員会を組織し、記念事業を計画し、その推進に取り組んでいるところです。
このたびの記念事業では、母校の一層の発展を願い、教育環境の整備を行うことにいたしました。まず一つ目は正門の整備です。地域を代表する伝統校の「顔」にふさわしい重厚な正門を整備します。二つ目は体育館舞台上の整備です。入学式や卒業式など大切な式典等で使用する体育館舞台の緞帳諸幕を新調し、演台、花台、音響設備を整備します。その他、文武両道に励む在校生を支援し、母校が一層発展するよう教育環境を整備してまいりたいと存じますので、同窓会の皆様におかれましては、記念事業の趣旨にご賛同いただきますとともに、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
最後になりましたが、母校の創立100周年を機に、同窓生の絆が益々深まることを祈念し、ご挨拶といたします。

校長から皆様へ

愛知県立横須賀高等学校同窓会の皆様におかれましては、日頃から母校の教育活動に深い御理解と御支援を賜り、誠にありがとうございます。本校教職員を代表して心から御礼申し上げます。
本校は、令和5年度に創立100周年を迎えます。令和3年度には、同窓会、PTA、本校教職員等からなる「愛知県立横須賀高等学校創立百周年記念事業実行委員会」を立ち上げました。同窓会の皆様には本校の教育環境整備事業を進めていただけるとうかがっており、諸先輩方の後輩に対する深い愛情に教職員一同心より御礼申し上げます。今後は実行委員会を中心にしっかりと準備を進め、令和5年11月には盛大に記念式典を挙行する予定です。諸先輩方が築いてこられた伝統の上に、次の百年を見据えて新しい歴史の1ページを記すことができるよう、今後とも、教職員一同、生徒とともに日々の教育活動に邁進いたします。同窓生の皆様におかれましては、100周年を迎える母校に対して、これまで以上の御支援・御協力をいただきますとともに、同級生・先輩・後輩・恩師との交流を一層深め、同窓の絆をより強固なものにしていただきますようお願いいたします。
最後になりましたが、横須賀高校同窓会の益々の御発展と会員の皆様の御健勝、御活躍をお祈り申し上げます。

100周年記念事業・寄付金についての
お問い合わせ